2014年03月26日

今後の研究テーマについて考えた

今週に入って、信州はさらに暖かくなってきました。最低気温が零下になる日はなくなったので、やっと過ごし易くなってきたのは嬉しいです。最高気温も15℃を超える日が続いているので、今年の春は早く訪れそうな気がします。ただし、寒冷前線が通過すると、中信地域は一気に冷え込んで4月でも雪が降ることがあります。この気温変化の激しさは4月末まで続きます。暖かくなってきたのは良いのですが、私は先週末から花粉症の症状が急にひどくなりました。これから一ヶ月間花粉症に悩ませられる日々が続くのかと思うと憂鬱な気分です。

さて、先週末で本業の仕事がやっと一段落しました。今回の仕事は久しぶりのローエンド組込みで、直接マイコンを制御するプログラムを書いたのは3年ぶりでした。そのため、なかなか勘が戻らず苦労しました。やはり組込みLinuxの方がずっと楽です。ArduinoやRaspberry Piみたいな新世代の組込みボードを触っていると自然にワクワク感が湧いてくるのですが、ライブラリもOSも載っていないボードを動かすのはぜんぜん楽しくないです。ちなみに、こういうボードには大抵ルネサス(ルネサスエレクトロニクス)のCPUが搭載されています。ここ数年は組込みLinuxの仕事が続いていましたが、組込みLinuxのターゲットボードではほぼ例外なくFreescaleなどのARMコアを内蔵したCPUやSoC(System-on-a-chip)が搭載されていて、いまではルネサスのSHシリーズが使われることはありません。組込みLinux中心に移行する以前は、私は10年以上ローエンド組込みの仕事をしていました。OSはuITRONを使うことが多く、ターゲットハードウェアは大抵ルネサス(旧日立)のCPUが搭載されたボードでした。ルネサスのCPU向けにプログラムを書いていると、「これは一種の苦行ではないか」と感じることがあります。CPUに内蔵されている周辺モジュールのインテリゼンスが低く、ソフト側で超低レベルな制御処理をしっかりと実装しないと、まともに動いてくれないからです。私のようなベテランでさえ苦労することがあるので、ルネサスのCPUをちゃんと動かすのは、マイコン初心者にとってかなりハードルの高い開発作業だと言えます。ローエンド組込み向けのハードウェアではいまもルネサスのCPUが多数派を占めていますが、世の中には苦労している経験の浅い組込みプログラマがかなりの数存在するんじゃないかと思っています。仕事として選んだ以上はこういうハードルは自力で乗り越えていくしかありませんが、製造業の衰退が続いている現状を観ると、ローエンド組込みに将来性があるのかという点については大きな疑問を感じざるをえません。ArduinoやRaspberry Piみたいなボードが流行っているのは、いままでのローエンド組込みに対するアンチテーゼなのではないかという気がします。こういうボードが日本からは一つも現れていないことが、(時代遅れの開発手法を捨てられず、ひたすら現状維持を続けている)いまの日本の組込み分野の実情を反映しているように思えてなりません。

話は変わりますが、ここ5年ほど「どういう分野の研究テーマに取り組むべきかと」という問題でずっと悩んでいます。これについて考えない日はないと言っても良いくらいです。今回久しぶりにローエンド組込みの仕事をやって、改めて自分の志向について再認識したことがあります。

 ・音声や映像・画像(AV)を使わないプログラムは作っても楽しくない。

音声を映像・画像を伴うソフトウェアのインターフェース対象は人間(ヒューマン)なのに対して、これらをまったく伴わないソフトウェアのインターフェース対象はマシンやデバイスです。前者のプログラムの最終的な目的は人間に使ってもらうことですが、これに対して、後者はマシンやデバイスを正常に動かすことが最終的な目的です。やや乱暴な分け方かもしれませんが、現代のソフトウェアは大きくこの2つの種類に分けることができると思っています。ここで、一つの問が浮かびます。

 ・一般人にとって、どちらがより価値の高いソフトウェアなのか。

マシンやデバイスを正常に動かくことにも当然高い価値はあります。自動車がその代表例と言えるでしょう。しかし、車が正常に動くことは一般人には当たり前のことです。そして、車を正常に動かすソフトウェアに高い価値を感じてくれるのは自動車メーカーだけです。車載ソフトウェアという分野が存在しますが、この種のソフトはほとんど自動車関連メーカーの内部でのみ作られています。このようにマシンやデバイスを制御するソフトを必要とするのは、そのようなソフトを搭載する製品を開発している企業だけです。こういう製品が正常に稼働することは一般人にとっては普通のことであり、その事自体を特に評価することはありません。一般人が高い価値を感じてくれるのは、やはりAVを伴うソフトウェアやコンテンツの方です。当然の事ながら、音声や映像は人に聴いてもらったり視てもらうことを前提として創られています。YouTubeやニコニコ動画の人気が高いのは、多くの人がこれらのサイトで配信されているコンテンツを視たいからです。一般人にとって価値が高いということは、多く企業もその種のソフトを欲しているということです。マシンやデバイス向けのソフトで利益を得るのはそれらを搭載する製品を開発している企業だけなのに対して、AVを伴うソフトは一般人の役に立ち、同時に企業にも利益をもたらします。

 ・AVを伴うソフトウェアを作らないと、一般向けのビジネスにはならない。

ここでの「AV」という言葉は広い意味で使っています。BluetoothやZigBeeみたいな通信機能がコア部になっていても、Webクライアントやモバイルアプリをインターフェースとして使っていれば、それらもAV利用ソフトの範疇に入れます。「音声や映像・画像の入出力ができる。あるいは、音声や画像で操作できる」ことが、高価値なソフトを生み出す重要な条件だと考えます。本業の仕事では仕方なくやることもありますが、研究テーマで取り組む分野としてはこういう条件が存在しないソフト開発はもうやりたくいないと思っています。

現代ではAVと一括りで表現することが多いですが、音声と映像にも大きな差があります。映像は音声より10倍はアピール力があるじゃないかと思います。1890年代から映画は存在していましたが、映像がより一般的になったのは、やはりテレビ放送が始まった1950年代からでしょう。現代人にとって映像が身の回りに溢れていることはいまでは普通のことです。私は一切テレビを視ませんが、いつもテレビをついていないと寂しさを感じる人が多いことは知っています。常にテレビをつけている人にとっては、生活の中に映像が存在しない状態は考えられないようです。これくらい現代人にとって映像は無くなはならないコンテンツになっています。

 ・今後取り組むのは映像や画像に関連する分野に絞る。

これを最大の目標にして進んでいけば、大きなハズレを引いてしまうことはないんじゃないかという結論に至りました。一般人がもっとも価値を感じるコンテンツは映像や画像であることに異論を挟む人はまずいないでしょう。「人は何に価値を感じるか」ソフトもコンテンツの一種と考えるなら(コンテンツこそが一般人が価値を感じるものなので、むしろ「ソフトはコンテンツの付属物」と言った方が良いかも)、現代のソフトウェアにとってこれが一番大事なテーマだと思います。コンピュータの登場以来ハードとソフトいう区分がずっと使われてきましたが、これにコンテンツを加えて、いまは以下の優先度でモノづくりを考えるべきです。

 コンテンツ > ソフトウェア > ハードウェア

マシンやデバイスを動かすソフトにはコンテンツ(流行りの用語を使うなら、UX(User Experience)の方が適切かも)という要素は存在しませんが(こういうソフトにも本当はUXが存在すると思います。ハードの操作性の大部分を決めるのはソフトだからです)、人間が操作するソフトには必ずコンテンツあるいはUXが存在します。そして、いまは世界中の企業がこういうソフトを「ユーザ中心設計(User-Centered Design, UCD)」で開発しています(日本では、いまだにUXの重要性に気づいていないメーカーが多いみたいですが・・・)。

具体的にどの分野に的を絞るべきかについてはまだ決めかねていますが、将来性が高く有望なのはやはりNI(Natural Interaction)ではないかという気がします。PCの全盛期には「Microsoftの動向を追いかけていれば失敗はない」と言われていましたが、多数派のプラットフォームがモバイル機器に変わってしまったいまは「AppleやGoogleを追いかけていれば失敗はない」と考えるIT業界人が多いでしょう。03/15の記事に書いたとおり、PrimeSense社を買収したAppleは近い将来必ずモーションセンサーとNI技術を搭載した製品を出してくるはずです。一方のGoogleも以下のような動きをしています。

 Google、携帯に3D空間認識を与える Project Tango 発表。奥行きセンサつきスマートフォンを開発者に配布 - Engadget Japanese

ゲーム機だけでしか使われていなかったモーションセンサーとNI技術が家電やモバイル機器にも搭載され、これらの機器が連携して動くのは大きなムーブメントになりそうな予感がひしひしとします。近い将来にブレークする分野としてNIとその周辺技術に賭けるのが一番勝算がありそうです。「NIだけに的を絞って、一点突破を狙おうか」という気持ちが日に日に大きくなってきています。
タグ:UX NI
posted by とみやん at 17:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月22日

飯田で過ごす週末

本業の仕事の関係でいま飯田(長野県)に滞在しています。03/18からこちらに来ていますが、来週の03/25に塩尻に戻る予定です。飯田は南信地域の中心となっている街です。飯田に来たのはこれが3回目ですが、泊まったのは今回が初めてです。「やっぱり寂れているなぁ」というのが飯田の第一印象になってしまいますね。南信の街は寂れているという噂は聞いていましたが、やはりその噂どおりでした。人口も少なく経済圏も小さいのでこれは仕方がないことなのでしょう。ただし、飯田の街はこぢんまりとまとまっていて、良い感じの寂れ方という感じもします。日本全国どこにでもある地方の小さな街というのがもっとも適切な表現じゃないかと思います。長野や松本と比較するのは可哀想だという気がします。周辺の観光資源は天竜峡の川下りと点在する温泉宿くらいなので、飯田を訪れる人も少ないのでしょう。
IMG_4379.JPG
IMG_4383.JPG
IMG_4371.JPG
IMG_4376.JPG
飯田は松本や塩尻から車で約1時間半の距離ですが、電車で来ると3時間もかかります。飯田線は電車の本数が少なく単線で駅の数がものすごく多いからです。このように交通の便が悪い所為もあり、南信と中信間の人の行き来は少ないのが実情です。飯田線ほどではありませんが、長野−松本間の篠ノ井線も電車の本数は多くありません、そのため、北信、中信、南信の間の交流はほとんどなく、それぞれがバラバラの経済圏を構成しています。地理的にも北信、中信、南信の間は山で隔てられています。この3つの地域(東信を加えると4つ)がたまたま長野県という線で一つにまとめられてだけで、これらの地域が一緒に活動することは滅多にありません。南信にも中小の製造業企業はありますが、名古屋を中心とした中部地方の企業と取り引きをしているところが多いようです。宿泊中のホテル内の食堂で他人の話を聞いていると、ほとんどは中部や東海方面から来ている観光客、営業マン、工事関係者などです。経済圏としては信州の中に入っいますが、実際の経済活動としては南信は中部や東海との繋がりの方が強いのが実情です。気候的にも北信や中信と差があります。南信の方がやや温暖で大雪が降ることはほとんどありません。地元住民の話題の中にも北信や中信が登場することは少なく、まるで遠く離れた別の地方の話をしているみたいな感じで「北の方」と呼んだりします。

いまは寂れている飯田ですが、30年後には大きく様変わりしているかもしれません。今年中の着工が予定されているリニア中央新幹線の駅が飯田市北部か高森町(下伊那郡)辺りに出来る予定になっているからです。JR東海の計画ではリニア中央新幹線の東京−名古屋間が開業するのは2027年となっていますが、この計画どおりに工事が進む可能性は低いんじゃないかと思います。現在の橋本駅(神奈川県相模原市)の近くにリニア中央新幹線の駅が設置される予定になっていますが、東京−橋本間の首都圏は用地買収が困難なこともあり、このルートはほとんどが大深度地下トンネルで結ぶことになるらしいです。そして、橋本以西は甲府市を通って飯田へ至るルートが計画されていますが、甲府−飯田間も南アルプス山脈を貫通するトンネルで結ぶ計画です。これらのトンネルは難工事が予想されます。いずれにしても、リニア中央新幹線が開通すれば、飯田周辺は大きく変わっていくことでしょう。

長野新幹線の途中駅が存在する佐久平の周辺は近年宅地や別荘地の開発がさらに進んで、いまでは東京近郊の街みたいになっています。現在の終着駅長野も中心地区の再開発が進み、街全体が小奇麗な感じに様変わりしました。来年(2015年)春に長野−金沢間の北陸新幹線が開業すれば、佐久や長野はさらに開発が進んでいくでしょう。リニア中央新幹線の開業が現実的になってくると、飯田周辺でも開発が進んでいくかもしれません。関東や中部地方からの観光客は確実に増えるでしょうし、Iターン者やリタイヤ組の中には南信を移住先候補地として考える人も出てくるでしょう。このように東信、北信、南信の近代化が進んでいく中で、中信だけが取り残されています。信州に残された「田舎」として逆に観光客を集めることができるかもしれませんが、移住先としては魅力のない地域という印象を持たれるのは大きなマイナスだと思います。関東周辺ではIターン者やリタイヤ移住者が地域繁栄の活力源になっている所が多く、逆に移住者が少ない地域ほど衰退のスピードが加速する傾向がはっきりと現れています。いまはまだそれほど大きな動きになっていませんが、中信地域の衰退はこれから10年位で顕在化してくる可能性が大だと私は想像しています。
posted by とみやん at 08:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月15日

ASUS Xtion PRO LIVEを入手した

前記事から1ヶ月も間が空いてしまいました。記事のネタは貯まっているのですが、本業の仕事が忙しくて、なかなか記事を書けないまま時間が過ぎていました。いまやっている本業の仕事はもう少しで一区切りつきそうなので、そうしたら、研究テーマの方に少しは時間を割けるようになるんじゅないかと思っています。

3月の初旬は最低気温-8〜-5℃最高気温3〜5℃という日が続いて、まだまだ厳しい寒さが続くのかと覚悟していたのですが、今週に入って信州もやっと少し暖かくなってきました。平均気温が急に5度位上がった感じがします。天気予報によると、今日の最低気温は-5℃ですが最高気温は9℃まで上がるそうです。今日の中信地域は雲がほとんどない快晴で日差しが強いので、自然と気分も明るくなり、体感温度は10℃を超えている気がします。周りの山々に雪が多く残っている所為で空気は冷たいままなのですが、今日みたいに日差し強いと体感温度は高くなりますね。信州もやっと春の兆しを感じるようになってきました。しかし、少し暖かくなったからといって喜んでばかりはいられません。毎日の気温の変化がいきなり激しくなるので、信州ではこの時期風邪を引いたり体調を崩す人が急に増えるからです。朝から日中にかけて0℃前後から10〜15℃位まで温度が一気に上がり、夕方から深夜にかけて逆向きに温度が下がります。つまり、一日のうちに10度以上の気温変化が2回もあります。さらに厳しいのは、日によって最高気温が10度以上違うこともざらにあることです。晴天だと最高気温は15℃を超えることもあるのですが、曇ったり雨だったりすると5℃位までしか上がりません。標高の高い地域独特の気候です。信州の人口の多い地域の中で一番標高が高いのは松本を中心とした中信ですが、早春の中信の気温変化の激しさは体感した者にしか解らないでしょう。これほど激しい気温の変化を体験できる地域は全国でも稀だと思います。信州の寒さのピーク時期は1〜2月ですが、この時期よりも3〜4月に風邪を引く人が多くなります。さらに、中信地域では3〜4月はほぼ毎日強風が吹くことも悩ましい問題です。スギ花粉が蔓延している中で強い風が吹くので、花粉症の人は辛く苦しい日々を過ごす羽目になります。スギ花粉のピーク時期は、ゴーグルでも着けないと外出する気にならない程ひどい日があったりします。

さて、またしても新しいガジェットを手に入れたので、その紹介記事を書こうと思います。今回入手したのはASUS Xtion PRO LIVEです。2012/08/22にもXtionの紹介記事を書きましたが、Xtionの存在を知ったのはこのときです。それ以来ずっと欲しくて、ヤフオク!にはアラーム登録をし、Amazonや楽天市場でも頻繁に検索していしました。しかし、ヤフオク!に出品されることは滅多になく(2〜3回あったのですが、いずれも15,000〜20,000円で落札されていました)、Amazonや楽天市場での販売価格も23,000〜27,000円位でずっと安定しており、なかなか安価に入手できる機会に恵まれませんでした。どうもメーカーのASUSが発売当初に一定の数量しか出荷せず、その後販売出荷を続けていないじゃないかという気がします。たとえ販売を継続していたとしても、出荷量はかなり少ないようにに思えます。ASUSのページには製造中止とは書かれていませんが、ASUSはもうこのXtionの生産量を増やすつもりはないようです。いずれにしても、現在市場に出回っている数量はかなり少ないのは間違いないと思います。そうでなれば、この製品の販売価格がずっと高値で安定している説明がつかないからです(発売当初より現在の販売価格の方が高いくらいです)。

今回も入手手段はヤフオク!です。本体のみの中古品が安い開始価格で出品されていたのを見つけてウォッチリスト登録しましたが、私と同じようにXtionを欲しがっているマニアはいるだろうと予想していました。予想していたとおり、やはり最後は高値での競りになってしまいました。それでも、10,000円以下で完動品を落札できのはラッキーだったと思っています。たとえ中古品でも、Xtionをこんなに安い値段で入手できる機会はもうないかもしれないからです。

下が、やっと入手できたASUS Xtion PRO LIVEの写真です。実物のXtionを見たのは初めてですが、想像よりもサイズが小さいのには驚きました。Kinectより二回りくらい小さいです。大きさの比較として100円硬貨を並べて撮りましたが、Xtionのサイズが判ってもらえるでしょうか。デモとかでKinectやXtionを外へ持ち出すことはありそうな気がします。ハンドキャリーだとKinectの方はかさ張りそうですが、Xtionの方はそれほど苦にはならなさそうです。Xtionのこの小ささは結構嬉しいです。
IMG_4352_1-ASUS-Xtion_PRO_LIVE-640x480.jpg
IMG_4356_1-ASUS_Xtion_PRO_LIVE-640x480.jpg
Xtionは俗に「Kinectの互換機」とか呼ばれていますが、KinectとXtionの仕様は結構差があります。また、Xtionには次の2種類の製品が存在します。

 Xtion PRO LIVE
 Xtion PRO

Xtion PRO LIVEには深度センサーに加えてRGBカメラとマイクが搭載されていますが、Xtion PROの方には搭載されていません。Xtion PROに搭載されているのは深度センサーだけです。KinectにはRGBカメラもマイクも搭載されているので、Kinectと同等の機能を持つのはXtion PRO LIVEの方になります。さらに、KinectとXtionを比較すると、以下の2つの差があります。
  1. Kinectにはチルトモーターが搭載されており、本体の向きを制御できるが、Xtionには搭載されていない。
  2. Kinectには外部電源(ACアダプタ)が必要だが、Xtionには必要なく、USBバス・パワーで動作する。

1についてはKinectより劣りますが、2はXtionの方が優れています。デモなどでAC電源を確保するのは難しいことがありますが、XtionはノートPCのUSBポートに挿すだけで動作します。外出先ですぐに動かして人に見せたい場合があると思います。そういう場面では、Xtionのこの利点は結構大きいです。私がどうしてもXtionを欲しかった最大の理由がこれでした。

Kinectと同様に、Xtionに搭載されている深度センサーからデータを取得するにはソフトウェアが必要になります。MicrosoftからKinect for Windows SDKが配布されていますが、これはKinect専用のSDKなのでXtionでは使えません。Xtionを動かすには、OpenNIというオープンソースのSDKを使うことになります。OpenNIはKinectとXtionの両方に対応しており、LinuxやMac OS Xでも使えます。そのため、KinectやXtion用のNI(Natural Interaction)開発環境を構築するなら、Kinect for Windows SDKではなくOpenNIの方をメインの環境として使いたいと思っていました。本業の仕事ではまだWindows PCを使っていますが、プライベートや研究テーマのソフトウェア開発では私はもうMacとLinuxしか使っていません。2012/08/19の記事に書いたとおり、Xbox 360用Kinectもすでに入手済みですが、NIプログラミング(Kinect Hacks)はまったく始めていませんでした。Xtionを入手したのを機会に、本格的にNI開発に挑戦してやろうとモチベーションが上がっています。

KinectとXtioinに組み込まれている深度センサーを開発したのはイスラエルのPrimeSenseという非公開企業だそうです。このPrimeSense社は2013年11月25日に約3億6000万ドルでAppleに買収されています。この動きについては多くの観測記事が流れていますが、それらの中でも、Apple TVにモーションセンサーが組み込まれるんじゃないかという記事が多く出回っています。

 新型Apple TVにモーションセンサー搭載か?ゲーム機業界に激震も - ライブドアニュース
 新型「Apple TV」、4月に発表か - CNET Japan

新型Apple TVについてもたくさんの観測記事が流れていますが、今年中にApple TVの新製品が発売されることは確実視されています。Apple TVにモーションセンサーが搭載されれば、Apple TVはXbox 360に対向するゲーム機の役割も持つことになります。いずれにしても、買収したPrimeSense社の技術を使って、近いうちにAppleは自社製品のどれかにモーションセンサー機能を必ず組み込むでしょう。そして、それらの機能がiPhoneやiPadと連携するんじゃないかと予想している人が多いようです。確かにこれは考えられる動きであり、本当にそういう製品が出てくれば、さらに大きな展開になりそうな可能性を感じます。こういう動きを察知して、すでにゲーム業界ではモバイル機器と連携する新しいジャンルのゲーム開発に着手する動きが出ているようです。種を植えてモーションセンサーとNIの芽を咲かせたのはMicrosoftですが、これらを大きな花を育てるのはAppleになるかもしれません。NIは今年中に大きなブレーク期を迎えそうな予感がしていて、私のトレンド・アンテナもびんびん反応しています。手をこまねいて眺めていないで、いまからでも遅くないので、とにかくNI開発を始めないとこういう動きに追いつけなくなりそうです。

故Steve Jobs氏は「テレビを再定義したい」と言っていたそうです。遺言みたいな感じで、近いうちにAppleは必ず新世代の製品を出して、テレビの利用形態に革命を起こそうと動いてくると私は予想しています。Appleからどんな製品が出てくるかは難しい予測になりますが、従来のテレビにインターネット閲覧やゲーム機的な機能が融合しそうだというのは誰しも想像している事です。Appleなら、そういう大方の予想を超える何かを製品に搭載するような気もします。まだ実用化の段階に入っていないと観られていた技術を製品に組み込んで、その技術を一気にブレークさせるのが得意な会社です。いずれにしても、テレビは放送番組やビデオを視るためだけの家電ではなく、知人とビデオ会話したり、Webで情報を得たり、電子書籍を読んだり、写真を観たり、冷蔵庫の中身を表示でき、照明器具やエアコンの調整もできるような多彩な役割を持つ家庭内のハブ的な物に変わっていくと思います。いままでPCで使っていたプリンタみたいな機器も、テレビにつなぐのが当たり前になる時代が来るかもしれません。ノートPCをタブレットに置き換える流れが大きくなっていますが、これからPCの役割はさらに縮小していくでしょう。もし新型Apple TVにモーションセンサーが搭載されたら、それがテレビ革命の始まりになるんじゃないかと思えてなりません。

タグ:kinect Xtion OpenNI
posted by とみやん at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget Hacks > Kinect