2014年07月17日

iPod touch第5世代を入手した

私はまだ横浜の長者町に滞在しています。横浜での仕事は7/8に終わりましたが、本業の仕事の関係で東京での予定が重なったからです。それらも今週一杯で全部片づくので、来週の7/21に塩尻へ戻る予定です。7/9以降特に仕事はしていなかったので、早めの夏休みを取っている気分でのんびりと過ごしていました。

いやー、しかし、それにしても東京は暑いですね。台風8号が通過した7/11以降関東地方は見事に真夏の気候に変わってしまいました。日中に外に出ると、あまりの蒸し暑さに息苦しささえ感じるくらいです。真夏の信州もそこそこ気温は高いですが、湿気が低いので東京よりはずっと過ごし易いです。関東地方の真夏の気候は本当に身体に堪えます。「やっぱり、こんな東京には住みたくないなぁ」という気分になります。東京はコンクリートやアスファルトだらけで熱気の逃げ場がどこにもなく、ヒートアイランド現象によってさらに気温が上がっていることが、この息苦しいほどの蒸し暑さの主たる原因なんだと思います。私は18歳のときに上京して28年間東京に住んでいましたが、若い頃にはエアコンを持っていませんでした。25年位前まではエアコンは高価な家電で贅沢品だったからです。その当時はエアコン無しでも普通に東京で暮らせましたが、いまの東京では夏にエアコン無しで生活するのは自殺行為に等しいんじゃないかと思います。エアコン付きの賃貸物件も増えており、築浅のアパートやマンションには大抵エアコンがついています。東京のような都会ではエアコンはもはや必需品です。エアコンがここまで普及してしまったことが、都会のヒートアイランド現象を引き起こしているのかもしれません。私は夏が大の苦手で、四季の中で夏が一番嫌いです。どうしても用事で外出しなけばならないとき以外は、できるだけ冷房の効いた室内で過ごすようにしています。外食や買い出しなどで外に出るのは早朝か夕方だけで、日中はずっと部屋に篭っています。横浜周辺の名所巡りとかに行きたかったのですが、あまりの暑さにそんな気力はぜんぜん湧いてこないです。

さて、前記事にiPhone 4SかiPod touch第5世代を近いうちに入手するつもりだと書きましたが、iPod touch第5世代(32GB, White,MD720J/A)の中古品を手に入れることができました。今回も入手手段はオークションで、落札価格は現在の中古相場とほぼ同じでした。この機種は数多くオークションに出品されているので、粘り強く入札を続ければ、もう2,000〜3,000円安く落札できそうな感じでしたが、手っ取り早く入手したかったので即決価格で出品されていた物を落札してしまいました。本体の状態はかなり新品に近く、グレードは上の中という所ではないかと思います。
IMG_4438_1-Apple-iPod_mini-MD720JA.jpg
IMG_4436_1-Apple-iPod_mini-MD720JA.jpg
IMG_4451_1-Apple-iPod_mini-MD720JA.jpg
IMG_4477_1-Apple-iPod_mini-MD720JA.jpg
IMG_4462_1-Apple-iPod_mini-MD720JA.jpg
実物を目にして手に持った瞬間、こいつの薄さと軽さに驚かされました。そして、スクリーン画面がすごく鮮やです。それもそのはず、このiPod touchはRetinaディスプレイを搭載しているんですね。

上の写真のとおり、iOS 7からUIやアプリ・アイコンのデザインが大きく変わっていますが、私はiOS 6までのUIの方が好きです。特にiOS 7のアプリ・アイコンのデザインが2D風の平べったい感じになったのは気に入りません。UIデザインのトレンドが3Dを多用した立体的なものから2Dやタイル風へ移っているようなので、こうなってしまったんだと思いますが、何だかAndroidに似ていてiOS 7のUIは好きになれません。まぁ、UIデザインが時代の流れで変わっていくことは仕方がないことなので、諦めてiOS 7のUIに慣れていくしかないんでしょうが・・・。

私がいままで手に入れたiOSデバイスはiPhone 3GSとiPhone 4ですが、どちらも三世代以上前の機種です。とても実用機として使える性能ではないので、これらはいずれも開発専用機として使っていました。今回入手したiPod touch第5世代は現行機種なので、これから毎日持ち歩いて使っていくつもりです。このiPod touchが私にとって初めてのiOS実用機になります。ちなみに、こいつのファームウェアはiOS 7.1.1でした。近いうちにiPhone 4Sも入手するつもりですが、こちらはiOS 7.0.xを搭載した奴にしようと決めています。どちらもBLE/iBeacon用の開発機としても使うつもりですが、将来iBeaconアプリを開発したときに、iOS 7.0.xと7.1.xの両方で動くことを検証したいからです。

iPod touchにはWiFiしか搭載されておらず、3G/4G/LTEなどのデータ通信機能は内蔵されていません。そのため、iPod touchを外で使うにはモバイルルーターも一緒に持ち歩く必要があります。今年の3月にWiMAXのルーターを解約して、イー・モバイルのGL10Pというモバイルルーターに換えました。月間7GBというデータ通信量の制限はありますが、アクセスエリアが広い4G/LTE回線が使えて、SoftBankのWiFiスポットも利用できます。通信速度はそこそこ高速で、大抵何処でも繋がるので便利に使っています。WiMAXはビルの中や街から離れた郊外などではほとんど繋がらなかったので、WiMAXから4G/LTEルーターに換えて正解だったと思っています。GL10Pはバッテリーの持ちがあまり良くないという欠点がありますが、モバイル機器用の外付けバッテリーも一緒に持ち歩くことでこの欠点をカーバーしています。iPod touchはスマホではありませんが、常にモバイルルーターと一緒に持ち歩けば、スマホみいたな感じで使っていけます。やっと私もスマホ・デビューすることになりそうです。

BLE/iBeaconの研究に本気で取り組む決心をしたので、その開発環境を整備していかなくてはなりません。一台だけですが、取りあえず、これでiOSデバイス側の準備は整いました。次の目標は、BLEモジュールの評価ボードを入手することです。近いうちにこちらも入手しようと思ってDigiKeyやMouserで物色中ですが、どの製品を買えば良いかはほぼ判っています。前記事で紹介した『Getting Started with Bluetooth Low Energy』という本にこの辺の情報が載っており、さらにググってBLE評価ボードの情報収集もしました。予算確保の関係で2〜3回に分けて複数の種類のボードを購入するつもりですが、一回目に購入する製品はすでに決めています。BLE評価ボードが入手できたら、随時記事で紹介していきます。


タグ:apple iPod touch
posted by とみやん at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイルデバイス > iOS