2015年03月22日

横浜・日吉で過ごす休日

先週から気温が上がって暖かくなり、一気に春らしくなってきました。今日は気温が18℃まで上がりすごく温かいです。急に暖かくなったので、体感的には20℃位に感じます。もはや完全に春の陽気ですね。信州も今日は温かいようですが、中信の3月の平均気温は10℃前後で今月一杯は肌寒い日々が続きます。信州と比べるのは間違いだと思いますが、こちらの春は暖かくて過ごし易いです。一体何処の話をしているのかと思われそうですが、私はいま横浜の日吉という所に滞在しています。横浜は海に近く、春や夏に南から温かい海風が吹くとかなり気温が上がります。今日の風は強くありませんが、その海風が緩やかに吹いています。

去年の9月から神奈川県内の会社で派遣常駐の組込みLinux関連の仕事を続けていましたが、先月末にその仕事がやっと終わりました。この仕事は本当にきつくて厳しかったです。去年10月から今年2月まで5ヶ月連続で労働時間が200Hを超えていることが、それを表しています。毎日夜10時まで残業、毎週土曜日は休日出勤、さらに休日まで滞在先の部屋で仕事の作業をやっていました。ソフトウェアの主要な部分を私一人で開発することになり、ほぼ全責任を背負わさせてしまったため、こういう働き方でしかこなすことができませんでした。作業ボリュームとして2〜3人分の仕事を一人でやっているような感じで、アシスタントも相談相手もおらず孤立無援だったこともストレスに拍車をかけていました。私の年齢でこれだけハードに働くと、身体が悲鳴を上げてしまいます。去年末に体調を崩してしまい、それでも仕事を続けざるをえない状況に陥り本当に苦しい日々が続きました。何とか開発業務を完遂できましたが、いまも体調が完全には回復していません。年齢的に身体の回復力が低下しているので、自然に回復するのに時間がかかっているのだと思います。大きなストレスを抱えたまま仕事を続けていたので、もしかすると「燃え尽き症候群」に陥っているのかもしれません。新しい事へ挑戦する意欲がぜんぜん湧いて来なくて困っています。体力と気力の両方が回復するに、少し時間がかかりそうです。

さて、たまには良いかなぁと思って、近況報告の記事でも書きます。じつは、去年の9月から私はずっと日吉に滞在していました。あまりに本業の仕事が多忙すぎて、プライベートな時間がまったく取れなかったので、日吉には滞在先の部屋で寝るために帰っているだけでした。日吉の街の印象とかを書きたいと思っていたのですが、なかなか書けずにいました。たまの休日に近くの定食屋やレストランなどで食事をするくらいだったので、記事を書けるほどのネタも持っていません。やっと仕事も片付いて束の間のモラトリアム時間ができたので、最近は日吉の街をブラブラと散策して過ごしたりしています。
IMG_20150322_162413-Yokohama_Hiyoshi-Town_Scene.jpg
IMG_20150322_162658-Yokohama_Hiyoshi-Town_Scene.jpg
IMG_20150322_163621-Yokohama_Hiyoshi-Town_Scene.jpg
IMG_20150322_164415-Yokohama_Hiyoshi-Town_Scene.jpg
IMG_20150322_165026-Yokohama_Hiyoshi-Town_Scene.jpg
IMG_20150322_165902-Yokohama_Hiyoshi-Town_Scene.jpg
日吉と言えば、慶応義塾大学の日吉キャンパスが在るので有名です。と言うか、日吉にはほぼそれしかないと言っても良いでしょう。街中は学生だらけで、私のような年配者にとってはすごく居心地が悪いです。平日の日中は若者限定の街と言っても良いくらい、駅周辺では学生しか見かけません。そして、金曜日の夜ともなれば、駅周辺の飲み屋は学生達で溢れかえり、飲んで騒いでいる声があちらこちらから聞こえます。慶応大学の学生は裕福な家庭の子供ばかりなので、社会マナーが高く悪ふざけや馬鹿騒ぎはしませんが、金曜日の夜は特に若者特有の活気が街全体に漂っている感じがします。日吉の街の規模は小さく、駅から徒歩10分圏内にしか店がありません。駅周辺は若者向けの店ばかりで、大きなスーパーもないので、家族持ちにとって日吉は住み心地の良い街だとは思えません。その所為か、東横線沿線の近隣の街と比較すると、日吉より武蔵小杉や元住吉の方が人気が高いらしいです。

裕福層が多く住んでいるからか、東急東横線沿線は東京でも物価が高い地区として有名です。駅ビルの中に小さめの東急ストアが在るのですが、食品の値段が全体的に高くて、私はこのスーバーをまったく利用していません。駅から15分位離れた場所にアピタという大型スーパーが在り、こちらの方が食品の値段が安いので、休日にこちらでまとめ買いをしています。滞在場所のすぐ近くにピアゴというコンビニ規模のミニスーバーが在って、こちらの店も良く利用しています。都会の街なので一通りの種類の店はすべて揃っていて不便さは感じませんが、商品を買うときに店を選べるほどではありません。全体的にイマイチ感が強い街というのが日吉の印象です。マイナス点ばかり書きましたが、裕福層が多く住んでおり優等生的な学生しかいない街なので、全体的に上品な雰囲気が漂っているのは日吉の良い所だと思います。

私は日吉に7ヶ月滞在していますが、この街に住んでみたいとはまったく思いませんでした。たまたまリーズナブルなマンスリー物件を見つけたから滞在していただけなので、日吉の街に特別な思い入れも感じません。もう少しでのその日吉からも離れるので、短い期間とはいえ人生の一時期を過ごした場所の記録を残すために本記事を書いています。

色々と書くことがあるかなぁと思っていたのですが、これ以上のネタを思いつきません。日吉はそれくらい小さな街です。まったく内容のない記事になってしまいましたが、これで終わりにします。
posted by とみやん at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115527858

この記事へのトラックバック