2015年08月01日

Aspire S3の英語配列キーボードへの換装

私がいま所有しているWindows PCは3台だけですが、その中の1台Acer Aspire S3-951-F34Cのキーボードを英語配列の物へ交換する作業を行いました。

じつは、私が所有しているPCの中で唯一このAspire S3-951-F34Cだけが日本語配列キーボードでした。他の2台はLenovoのThinkPadシリーズで、2台とも英語配列キーボードに交換済みです(LenvoのノートPCの英語キーボード部品は容易に入手できます)。AcerはLenovoのようなPCのCTO販売を行っておらず、英語キーボードを搭載したモデルも販売していません。Aspire S3-951-F34Cは値段が安かった割にはパフォーマンスがそこそこ高かったので気に入っていたのですが、キーボードが日本語配列であるという点だけが不満でした。

このAspire S3はもう3年以上使っていますが、キーボードの交換は諦めていました。その理由は、同機のキートップが本体のキーボード・ベゼルから直接出ているような造りになっていたので、キーボード・ベゼルが日本語配列専用であり、英語キーボードにする場合はベゼルも一緒に交換しないとダメだと思っていました。つまり、キーボード部品だけを英語配列の物に交換しても、ベゼルのキートップ穴の配列や形状と合わないと思い込んでいました。

以前もAspire S3シリーズの英語配列キーボードを探したことがあるのですが、そのときは見つけることができませんでした(海外からなら部品として入手できたかもしれませんが・・・)。最近になって、改めてYahoo!オークションでAspire S3シリーズのキーボード部品を探してみると、数点出品されているのを見つけて、その中に英語キーボードもありました。そこで、オークションの商品情報ページに掲載されていた英語キーボードの部品の写真を手持ちのAspire S3とキーボートとじっくりと比較してみると、キーボードの部品だけを交換しても大丈夫そうな感じでした。英語キーボード側のキートップの配列と形状が本体のキーボード・ベゼルのキートップ穴のそれと完全に一致しているように見えたからです。
ANIMG_20150801_134442-Replacing_Keyboad-Aspire_S3-640x480.jpg
ANIMG_20150801_135344-Replacing_Keyboad-Aspire_S3-640x480.jpg
上の写真が今回入手したAspire S3用の英語キーボードですが、正確には、これはUS英語ではなくUSインターナショナル英語配列の物です([ 5 ]キーにユーロ記号の刻印があり、[Alt Gr]キーが存在することが、この2つの配列の相違点です)。キーボードの配列自体は104キー(QWERTY)で共通です。

Aspire S3の分解は、YouTubeで見つけた下の動画を視ながら行いました。

この動画では、本体ボディーを開いてキーボード以外の部品を取り外すまでの手順が説明されています。

実際にやってみると、Aspire S3の分解作業の難易度はかなり高いです。一度もノートPCを分解したことがない人には多分無理だと思います(2012/08/26の記事にAspire S3の内蔵HDDをSSDへ交換した際の作業記録を書きましたが、ここまでの手順なら難易度は低いです)。私は過去に数台のノートPCを分解した経験を持っており、こういう作業には慣れていますが、それでも細心の注意を払いながら慎重にAspire S3の分解作業を進めました。分解手順の中でバッテリーを取り外す工程にもっとも神経を使いました。バッテリーを取り外すときに慎重にゆっくりやらないと、バッテリーの上を横断しているスピーカーのケーブルを切断してしまう可能性があります。

上の動画のとおりにAspire S3を分解すると、下の写真のように、キーボードの裏板が見える状態になります。
ANIMG_20150801_143417-Replacing_Keyboad-Aspire_S3-640x480.jpg
ここまで分解できたら、後の作業は簡単です。まずは、右側の黒いフラット・ケーブルとテープを剥がします。この2つはキーボードの裏板は貼りつけられています。これらを剥したら、続いてキーボードの裏板を固定しているネジをすべて外します(ネジは全部で28個もあります。このネジはすごく小さくて、#0の+精密ドライバーが必要です。また、ネジの位置を記憶するために、外す前に写真を撮っておいた方が良いです)。
ANIMG_20150801_145629-Replacing_Keyboad-Aspire_S3-640x480.jpg
ネジをすべて外したら、キーボードを取り外すことができます。
ANIMG_20150801_145905-Replacing_Keyboad-Aspire_S3-640x480.jpg
交換用のキーボードを取りつけたら、それをネジで元どおりに固定します。
ANIMG_20150801_160422-Replacing_Keyboad-Aspire_S3-640x480.jpg
さらに、剥がした黒いテープとフラット・ケーブルをキーボード裏板の元の位置に貼りつけます。

ここからは、動画の作業手順を逆に辿ってAspire S3を組み立てていきます。組み立てる際も、スピーカーのケーブルを切断しないように、バッテリーを取りつける工程でもっとも神経を使いました。

下の写真が、英語配列キーボードに換装した後のAspire S3です。
ANIMG_20150801_172859-Replacing_Keyboad-Aspire_S3-640x480.jpg
元の日本語配列キーボードと比較すると、英語配列キーボードでは、[Backspace]キーが大きくなり、[ \ ]キーの位置が[Enter]キーの上に移動して、しかも同キーも大きくなっています。この2つはWindowsでもっとも頻繁に使うキーなのに、日本語配列では、隣り合った位置に在る上に、[ \ ]キーが小さくなっていました。この配列は最悪で、ものすごく打ち難かったです。さらに、英語キーボードでは日本語配列特有の[無変換][変換]キーがなくなったおかげで、[Space]キーが両側に広くなっています。日本語JIS配列よりこちらの方が断然打ち易いです。私はUS英語ASCII配列のタッチ・タイピングに慣れてしまっているので、この配列でないとキーの早打ちができません。仕事でどうしても日本語キーボードを使わざるをえないこともあるので、一応こちらもタッチ・タイピングはできるのですが、英語キーボードよりは入力速度が遅くなります。

これで、私が所有しているPCは全部英語配列キーボードになりました(Macも含めてです)。諦めていたAspire S3まで英語キーボードに交換することができたので大いに満足しています。

やはりPCにとってキーボードの打ち易さはすごく重要です。キーボードが打ち難いと、イライラばかりが募って精神衛生上良くないです。PCで英語配列キーボードを使っている人は想像以上に多いじゃないかと思っています。PCが登場した当初は英語ASCII配列のキーボードしか存在しなかったので、私のような年配のPCユーザーで英語キーボードしか使わないという人は相当数いるはずです。会社で日本語キーボードのPCを支給されても、自分で英語キーボードを持ち込んで使っている人もかなり多いです。実際に、私はいままでそういう人を何人も見ています。ノートPCでキーボードが交換できない場合は、日本語キーボードをあえて英語配列設定にして使っている人さえいました。日本の会社は、社員に支給するPCのキーボード配列を選択できるようにするべきです。この施策を実行に移すだけで、社員の仕事の効率が格段に向上するでしょう。キーボードはPCの最大の入力デバイスなので、この施策は想像以上に効果があると私は思っています。

いっそのことIBMが実施しているようにPCのOSの種類も社員が自由に選べるようにしたら、もっと仕事の効率が向上するんじゃないかと思います。オープンソース、モバイル、Web系の開発でWindowsを使うのは最悪の組み合わせです。これらのソフト開発では、MacかLinuxを使った方が格段に仕事の効率が良くなるはずです。これらの分野の開発では、アメリカのプログラマはもはやMacを使っている方が多数派です。日本の企業でいまだにWindowsを使い続けている所は多いでしょうが、それは自分で自分のクビを絞めているようなものです。日本でも、先見的なベンチャー企業は軒並みWindowsからMacへ乗り換えています。そういう企業にMacへ乗り換えた理由を聞いてみることを勧めたいです。きっと「社員がMacの方を好むから」とか「仕事の効率が上がるから」とか答えるでしょう。社員の嗜好や自由度を優先した方が、最終的には会社の業績向上につながることを理解していない経営者が多すぎます(日本の大手企業は硬直化しすぎていて、革新的な施策は一切実行に移すことができない体制になってしまっているのでしょう)。Windowsでは本来の目的とは関係のない余計な作業に時間を取られることがあまりに多すぎます。ある統計データによると、WindowsではPC使用時間全体の8割をこういう作業に消費しているそうです。MacやLinuxでもOS周りやアプリの設定に時間を取られることは多少ありますが、そういう時間はWindowsよりずっと少ないです。Windows用ソフトを開発する場合は仕方がありませんが、それ以外でWindowsを使うのは時間の浪費以外の何者でないと私は思っています。
タグ:Acer Aspire S3
posted by とみやん at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | PC > Windows
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/158841967

この記事へのトラックバック