2013年02月09日

ThinkPad USB TrackPoint KeyboardをMacで使う

私はPCに対するいくつかのこだわりを持っているが、キーボードはUS英語配列のものしか使わないというのがその一つ。デスクトップPCのキーボードは当然はすべて英語配列の物を使っているし、ノートPCのキーボードも部品を入手して英語配列のものに交換している(どうしても部品を入手できない場合は、あきらめて日本語配列キーボードのままで使うこともあるが)。また、キーボードのキータッチにもこだわりがあって、最初期のIBM純正PCに付属していたようなメカニカルタイプのしっかりとした打鍵感のキーボードが好みだ。じつは、私のオークションで落札する商品の中で一番の種類が多いのがキーボードだったりする。別に収集しているつもりはないんだけど、キータッチにこだわって、いくつもキーボードを落札しているうち、いつのまにか相当な数が貯まってしまった。

たくさんの種類のキーボードを持っているので、気分によってときどき変えたりしているが、そんな中で、最近気に入っているキーボードがある。下の写真のLenovo ThinkPad USB TrackPoint Keyboard(55Y9003)という奴がそれ。
IMG_2825_1-ThinkPad_USB_Keyboard_with_TP-TopView-20130208.jpg
これは去年の9月に手に入れた。もともと旧IBM(現Lenovo)のThinkPadシリーズが好きで、ノートPCは代々ThinkPadを使ってきたが、このキーボードはThinPadシリーズのそれと良く似たキータッチですごく私の好みに合った。入手して以来Windows PCで使っていたんだけど、ググっているうちに、Macでも使えることを知った。気分転換のつもりで、このキーボードをMac miniにつないでみた。
IMG_2820_1-ThinkPad_USB_Keyboard_with_TP-SceneWithMacmini-20130208.jpg
特にドライバとかをインストールしなくても、ただ接続するだけで、Macはこれを認識する。[アプリケーション]>[ユーティリティ]>[システム情報]を開くと、USBデバイスとしてしっかりと認識されていることが確認できる。標準状態のMac OS Xにすでにドライバが入っいるのだろう(Mac OS Xのバージョンによって差があるかもしれないが・・・)。
Using_ThinkPad_USB_Keyboard_with_TrackPoint-Scrnshot02-865x634
キー入力はもちろんことトラックポイントもマウスとして問題なく使えるが、トラックポイントでスロールができると便利そうだ。ググってみると、下のリンクページにその方法が掲載されているのを見つけた。

 奇人記? Mac de トラックポイントキーボード!

このページの情報によると、KeyRemap4MacBookというソフトを使えばこの目的を達成できそうなので、さっそくMacに入れてみた。

Icon-KeyRemap4MacBook-64x64.pngKeyRemap4MacBook

KeyRemap4MacBookをインストールして、再起動すると、メニューバーに下のようなアイコンが追加される。

KeyRemap4MacBook_IconAndMenusOnBar-Scrnshot05-421x119.png

このアイコンから[Open KeyRemap4MacBook Preferences...]メニューを選択すると、下のような画面が開く。
KeyRemap4MacBook_PreferencesWindow-Scrnshot03-782x736
この画面の[Pointing Device]>[CursorMove to ScrollWheel]>[MiddleClick+CursorMove to ScrollWheel]という項目を有効にしてみた。すると、中ボタンを押しながらトラックポイントを動かすと、スクロールができるようになった。ちなみに、このKeyRemap4MacBookはどんなキーボードでも使えるみたいだ。ほぼすべての特殊キーの動作を変更できるようなので、Windowsで使っていたキーボードをMacで使いたい場合にすごく役に立ちそうなソフトだ。

話は変わるが、去年の07/24の記事で私の机の上のPC配置を紹介した。あれからMacBook Air 11"を入手して、今回さらにメインPCをMac miniへ変えたり、キーボードも変えたりしたので、だいぶん様子が変わった。いまのPC配置の写真を晒しておこう。
IMG_2849_1-MyPCLayoutOnDeskInSIP-20130209.jpg
中央奥のモニタはNanao EIZO EV2334W(23インチ液晶モニタ)2台。PCは、左からToshiba Portege R835-P56X(閉じているWindowsノート)、MacBook Air 11-inch(Mid 2011)、Mac mini(Mid 2011)。手前に置いているキーボードとマウスは、 左からSolidyear ACK-595U-EとMicrosoft Explorer Touch Mouse(Windows用)、Apple Wireless KeyboardとMagic Mouse(MBA11用)、そしてLenovo ThinkPad USB Keyboard with TrackPoint(Mac mini用)。前の写真に写っていたMacBook Air 13"(Late 2010)はいまはサブマシンにしており普段は電源を入れていない。こちらは他の2台よりやや性能が劣っているということも理由だけど(動画再生とかやると、ファンがビュンビュン回ってうるさいのがなぁ)、さすがに同時に3台のMacを使うシーンはあまりないからだ。

さぁて、次に購入するMacは何にしようか。やっぱりRetinaディスプレイを搭載したMacBook Proの13-inchか15-inchが最有力候補なんだけど、この2つの機種は価格が高すぎるのが悩みの種。私のいまの経済状態では、とても易易と買えるような値段じゃない。スマートフォン関係で他に買いたい物もあるので、今年はMacを買うのは無理かもしれない。MacBook Pro Retinaはあきらめて、最新モデルのMac miniでi7 クアッドコアを搭載した奴を狙うという手もあるか。Macも3台になって、これ以上増やす必要性はあまりないので、まぁ、ゆっくりと考えることにしよう。

タグ:Mac mini
posted by とみやん at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | PC > Mac
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62243435

この記事へのトラックバック