2013年10月27日

クラウドストレージCopyを使い始めた

クラウドストレージサービスと言えばDropboxこちらのリンクからDropboxに登録すると、新規ユーザーにボーナス容量500MBが追加されます)が有名で、私も毎日使っており、これなしではPCやスマートデバイスの利用価値が半減するくらい便利なサービスだ。仕事やプライベートの色々な情報を格納したファイルをDropboxに置いて、PCやタブレットでそれらを閲覧することが多いが、USBメモリ経由でファイルをやりとりするよりDropboxを使った方が簡単なので、一時的なファイルの置き場所として使うことも良くある。私が利用しているDropboxアカウントは無料プランの初期容量2GBに、ユーザー紹介やカメラアップロード機能利用ボーナスなどで獲得した容量を加えて、いまは7.88GBになっている。これくらいの容量があれば当面は足りるだろうと思っていたが、最近になって写真やスクリーンショットなどをアップロードするようになり、Dropboxの容量がぎりぎりなってきた。無料プランで容量をこれ以上増やすにはユーザーをどんどん紹介するしかないが、ほとんどの知人がすでにDropboxを利用している。TwitterやFacebookを利用して招待リンクを拡散している人も多いが、すでにDropboxは広く普及しているので、招待リンクで容量を増やすのは難しくなっている。ちなみに、私はTwitterやFacebookも利用していないので、このような方法は使えない。そういう訳で、無料プランのままでDropboxのストレージ容量をこれ以上増やすのは難しい。

Dropboxのストレージ容量を手っ取り早く増やす方法がないかとググっていたら、偶然CopyこちらのリンクからCopyに登録すると、新規ユーザーにボーナス容量5GBが追加されます)という新しいクラウドサービスについて紹介している記事がヒットした。CopyというのはBarracuda Networksという会社が運営しているDropboxと同種のクラウドストレージサービスで、スタートアップ記念でいまは新規ユーザーに15GBの容量を割り当ててくれるそうだ。さらにユーザーを紹介すると、一人あたり5GBのボーナス容量をもらえる(しかも、いまところボーナス容量の制限はないらしい)。Dropboxの容量が足りなくなってきて困っていたので、さっそくCopyのアカウントを作成して使い始めた。

新たに作成したアカウントでCopyのサイトにログインすると、下のようなページが開く。
Copy-Web_Page-Safari-Storage_Folders-SCShot2701-1219x742
このページに表示されているのがログインユーザーのストレージの内容だ。Finderからファイルを「Copy Folder」内へドラッグすれば、そのファイルをCopyのストレージへアップロードできる。

Dropboxと同様に、PC(Mac, Windows, Linux)やスマートデバイス(iOS, Android)用アプリもCopyのサイトから入手できる。さっそくMac OS X用のCopyアプリをダウンロードして、すべてのMacへインストールした。Copyアプリをインストールすると、Finderのサイドバーに「Copy」というフォルダが追加される。このフォルダにファイルをコピーすれば、自動的にCopyのストレージへアップロードされる仕組みになっている。
Copy-Mac_DesktopApp-Finder_Copy_Folder-SCShot2714-635x439.png
Copyアプリをインストールすると、デスクトップのメニューバーにもCopyのアイコン(折り鶴のアイコン)が追加され、このアイコンをクリックして表示されるメニューから、最新のアクションやストレージの利用状況などを確認できる。
Copy-Mac_DesktopApp-Icon_on_MenuBar-SCShot2708-468x283.png
Copy-Mac_DesktopApp-Account_Window-SCShot2709-625x425.png
PC用アプリの使い勝手はDropboxとほとんど同じなので、Dropboxを使ったことのある人ならすぐにCopyを使いこなせるだろう。

Dropboxの無料ブランの初期容量2GBと比較して、Copyは初めから15GBものストレージ容量が利用できるのはすばらしい。Copyには以下のような個人向け有料ブランも用意されており、これらの価格設定もDropboxより断然お得。
  • 250GB 月$9.99、年$99
  • 500GB 月$14.99、年$149

Dropboxと比べてストレージ容量が大きいのは良いが、はたしてこのCopyというクラウドサービスは存続していくだろうか。この点が一番心配だ。Dropboxの知名度は非常に高く広く普及率しているし、Google DriveSkyDriveSugarSyncなど競合するサービスもたくさん存在するので、これらに対抗してCopyが生き残っていくのは難しいかもしれない。

取りあえず、Dropboxをメインのクラウドストレージとして使い続けながら、Copyはサブとして使っていくのが良さそうだ。容量が大きいので一時的なファイル置き場としても活用できる。重要なファイルはDropboxの方に置いて、Copyの方は消えてしまっても困らないファイルの置き場所にしようと思っている。

タグ:dropbox copy
posted by とみやん at 15:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
Mac OS非対応ですけれども、OCNのマイポケット(月額315円/64GB/1日あたり転送量30GB)というオンラインストレージを、私は申し込みました。セキュリティと利便性のバランスを求めたかたちです。Google DriveやSkyDriveは、データを平気で抜いていそう。Dropboxも同じようなもの? それにDropboxはセキュリティが弱そう。SugarSyncは使いにくかったので解約。昨今、無料ブログが消えつつあるなか、新しくブログを始めるのなら、貴兄がご使用のさくらブログ(≒有料版のseesaaブログ)が最良なのかもしれません。それと同様に、安全に長く使い続けるのなら、有料のストレージサービスが、いいかもしれませんね。
Posted by 北風 at 2013年12月12日 04:15
北風さん。コメントありがとうございます。

年を跨いだ亀レスですが、返事を書いておきます。

OCNマイポケットというのは知りませんでした。

 http://cocoa.ntt.com/index.html

ふーん、こんなのサービスがあるんでね。NTTコミュニケーションズがやっているので、セキュリティやサービス継続性については安心感があるかもしれませんね。月額315円という値段はDropbox(100GBプラン $9.99/月 )より割安ですし、容量も64GBあれば十分ですね。

もし良かったら、実際にこのサービスを使ってみた印象(データ転送速度とか)を教えてください。PCやスマホ用アプリは用意されているんですか。アプリの使い勝手とかどうですか。

本記事で紹介したCopyはデータ転送速度がDropboxより遅いみたいです。ちなみに、現在の私のアカウントのストレージ容量は55GBになっています。15GBからスタートして招待ユーザーのボーナス容量が追加された結果です。上の記事の投稿から約2ヶ月でここまで増えたのは驚きです。私より早く紹介リンクを記事に貼りつけている人はとっくに100GBを超えているんじゃないかと思います。私も近いうちに100GBに届きそうなベースです。これは嬉しい誤算でした。
Posted by とみやん at 2014年01月02日 15:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79271719

この記事へのトラックバック