2014年02月15日

sanwa PM3というテスターを購入

またも全国的に大雪のようですね。中信でも昨日から雪が降り続いています。先週の雪が半分以上溶けないで残っているところに、またしてもドカ雪です。塩尻は市街地の積雪もとうとう1mを超えてしまいました。除雪をやっていない場所の積雪は2mを超えています。周りの家々は雪の合間をみながらの除雪作業で大わらわです。除雪をやらないと玄関が雪で埋まって出られなくなるので、嫌でもやらざるをえないのです。今日近くの西友へ行こうとしたら、アパート周辺の普段歩いている小道が完全に雪で埋まっており、膝ぐらいまである雪をかき分けながら歩く羽目になってしまいました。やっとの思いで、車道に出ると、車道の除雪もぜんぜん間に合っておらず、幅広の道だけ車が一台やっと通れる程度除雪されてるだけでした。両側の歩道の積雪は1mを超えておりとても歩けません。仕方なく、車道をてくてくと歩いて西友へ向かいしました。スパイクタイヤでも雪でスリップしまくりなので、車もあまり走っていません。交通網が完全に麻痺している所為で、スーパーにも食料品が入荷していないようで、パンなどは売り切れ状態でした。市街地でこんな状態なら、山の中の別荘地などは完全に雪に閉ざされた状態になっていることでしょう。1km圏内の近場の店に行くのさえままならなく、中信地域はもはや完全な雪国です。さすがに、この大雪にはまいってしまいます。いつまでこんな状況が続くんだろうと、ちょっと不安なってしまいました。

さて、前の2つの記事に書いたとおり、Arduinoを使って電子工作の勉強を始めました。モバイルデバイスを連携するスマート・ガジェットを開発することを最終的な目標に定めています。

電子工作を始めるにあたって、Arduinoみたいなプラットフォームとなるボードや電子部品は当然必要ですが、これら以外にもいくつか必須の物があります。それは工具と計測器です。工具の代表と言えばハンダごてですが、計測器の代表はテスターです(私が学校で電子工学を学んでいた頃は「テスター」という呼び方が一般的だったのですが、最近は「マルチメーター」とも呼ぶようです)。テスターは導通や電圧チェックに必要不可欠の計測器で、これがないと電子回路を組むのは困難です。という訳で、下のようなテスターをAmazonから購入しました。
IMG_4298_1-sanwa_PM3-Digital_Multimeter-640x480.jpg
IMG_4323_1-sanwa_PM3-Digital_Multimeter-640x4860.jpg
IMG_4319_1-sanwa_PM3-Digital_Multimeter-640x480.jpg
sanwa(三和電気計測器)のPM3という型番の携帯型テスターです。通常サイズと携帯サイズのどちらを買おうか迷ったのですが、外に持ち出す可能性もあるかもしれないので、今回は後者にしました。値段は3千円弱でかなり安かったのですが、sanwaは一応メジャーな計測器メーカーなので、安くても使い物にならないほど悪い性能ではないだろうと思って、これに決めました。Amazonのカスタマーレビューでもそこそこ評価が高かったことも、この機種を選択した理由です。

実物は結構安っぽくて、ちょっとおもちゃみたい造りです。一万円台の高性能なテスターと比べると、測定精度はかなり低いようです。値段が安いので、それは仕方ないことですが、実用上測定精度の低さが問題になることはあまりないんじゃないかと思っています。経済的に回復したら、もっと高性能なテスターを一台買うつもりなので、当面はこいつを使っていきます。

私が学校で電子工学を習ったのはトランジスタ全盛の時代です。ただし、すでにアメリカでは4ビットマイコンが登場していたので、アナログからデジタルへ移行は始まっており、学校の授業の中でデシタル回路についても習いました。NEC TK-80などのマイコンキットが日本で登場したのは、私が学校を卒業した後です。大昔の話になりますが、その頃のテスターはすべてアナログ式でデジタル式の物はまだ存在していませんでした。測定レンジの切り替えも当然マニュアル方式です。いまではデジタル式のテスターが全盛となっており、アナログ式の製品はほとんど売られていません。テスターの性能も格段に向上しています。このサイズのテスターでコンデンサ容量の測定までできるのは、私にとっては驚きです。デジタル式テスターが登場したばかりの頃は、コンデンサ容量の測定ができる製品はかなり高価だったと記憶しているからです。Arduinoみたいな新世代のボードだけでなく、こういう最近のデジタル・テスターを見ても、トランジスタ世代の私には隔世の感があります。本当に時代は変わってしまったんだなぁと思わずにはいられません。

posted by とみやん at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/87312702

この記事へのトラックバック